人気ブログランキング |

Je pense donc Je suisse

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

思い出しては出産日記その4

e0040041_1650244.jpg


手もかわいいけど足もかわいい・・。)


分娩中はずっと目をつむっていた。
声も全く発せず、最後に赤ちゃんが出てきたときには
気がついたら涙がほんのちょこっと出てた。
痛くて出た涙なのかな、いきんで出た涙。
なんかウミガメ。ウミガメみたい。


部屋まで車椅子で運んでもらって休む。
傷のあとも未だ痛くない。麻酔のせいかも。
結構元気。というか想像では寝たきりみたいな感じにぐったり
するのかと思っていたけど普通に歩けるし、
その後運ばれてきた昼ごはんも平らげる。

ご飯を運んできてくれたおばちゃんは、朝の人と同じで
「あれ?」というので

「はい。もう産んできました。」と少しお話をする。



いろんな人にすごいはやいし、何事も無く安産だねーと
言われて得意げになる私。
調子に乗ってみんなにメールしたりする。
しかし二日後くらいには「楽なお産だった」という言われ方にだんだん
腹を立てることになる。
「私だって、死ぬかと思うくらい痛かったのに!」という気持ちで。
特に旦那さんに
「安産だったんです。」とか他の人に話されるとだんだんキレるようになる。

産婦心は複雑である。



午後になるにつれて傷跡がだんだん痛くなるも
「陣痛に比べたら何てこと無い」と思う。
でもこれまただんだん
「この痛さも、結構いやなものだなー」と思えてくる。
夜も眠れない。
眠れる薬をもらったけどあんまり効かないし、
気のせいなのかもしれないけど、誰かが痛そうな声をだしてるのが
かすかに聞こえてきて、うとうとしてたのに目が覚めた。

自分の時を思い出して心臓がバクバクする。
私の子は女の子だから、この子もあんな痛い思いしなくちゃいけないのか・・。
と思って可哀想になる。
早速親ばかである。


数日は陣痛のことをすぐに思い出して怖くなったり
痛くなったりしたけど
退院する頃にはなんか忘れてる。
忘れてると言うか、なんか平気になってきていて不思議。
皆よく何人も産めるなーと思っていたけど
何となく納得した。

赤ちゃんはなんといっても可愛い。
お腹にいる時は大事ではあったけど何とも思ってなかった。
大丈夫かなー自分。と思うほどだったし、
話しかけたりする気にもならなかった。


でも今は気がつくと話しかけてる、不思議なものです。
by ten-kawaii | 2009-07-28 16:45 | 日記

思い出しては出産日記その3

e0040041_16182435.jpg


今日はお母さんがバジルを持ってきてくれた )



・・・・でもよく考えるとこんなに痛いのに分娩室にいけるのか。
私の部屋は三階で、分娩室は二階。
エレベーターか、階段か迷う。
でもエレベーターから出れなくなりそうな気もするし、
階段で行くことに決めた。

陣痛の合間を見計らって、一気に行くことにした。
多分、一分くらいでたどり着けば途中で痛くなることもナシ。
一気にダッシュする。
私の病室の前に階段があるし、そんなに遠くない。
小走りでナースステーションの前をとおると中から

「あら?高橋さん、走ってるよ!大丈夫かな?!」と声がします。

心の中で「大丈夫!ていうか走らないとたどり着けない」と答えます。

ギリギリ、分娩台の手前で痛みがやってきた。
エレベーター使わなくてよかった!


すぐに分娩台にあがって痛みに耐える。
痛いので頭を左右に振ってもだえる。
呼吸を整えるように指導してもらうけど痛くて息を止めてしまうし、
吐くところでは吸うし。ダメ妊婦である。
声も出ない・・。
痛すぎると、声など出ないことが分かった。でもこれは私の場合。

健太郎さんに電話しようと携帯に手を伸ばしたものの
電話する気力が無いので婦長さんに
「スミマセンが、電話してもらえますか?」と言ってしてもらう。

気がついたら、「いきんで!」と言われていてこれまた驚く。
私はこの状態がまだ何時間も続くと思っていたのです。
7時間とか。何故だか思い込んでいたので
「ええ?もう?」という感じ。
しかしいきみ方がよく分からない・・指導してもらってなんとかなったけど
前もって予習しとけばよかったよ。ダメ妊婦め。


産まれたのは9時43分。
私の記憶が正しければ分娩室に行って1時間くらいで産まれた気がする。
もっとかかると思ってたよ。
産まれたとき、思わず
「え?もう産まれたの?」といってしまった。
そして思わず独りで拍手してしまった。
お世話になった婦長さんたちも拍手してくれた。


それから切開のところを縫合してもらう。そのときは先生が登場。
「ほほう、これは奥の方だな」と言われた気がした。(忘れたけど)
なんかよくわかんないけどすごく沢山縫われた気がする。
そんなものなのかな。
先生が去って、それから助産師さん(?)が
「もうちょっと縫うね。」と言ってさらに追加で縫っていた。
先生、縫い目荒いの?と心の中で思う。

いろいろ後の処理がすんで、それから赤ちゃんが私のところにやってきた。
おっぱいを飲ませるとちゃんと飲むのです。
すごいなー。
本能なんだってさ。

健太郎さんが来て、それから幸代お母さんも来てくれた。
二人とも少し興奮気味に喜んでいる。

陣痛ってどれほど?とかってナメてかかってたのが
これほど。ということが分かってなかなか良い経験になった。
幸代お母さんに
「陣痛、途中でギブアップしたくなったでしょ?」と言われ
「なったよ!」と話す。
でも「経験できて良かったです」とも話す。



いろいろ思い出せないことがいっぱいある。もっと早く残しておけばよかった、
自分の為に。なぜこんなにすぐにわすれちゃうんだろう。
by ten-kawaii | 2009-07-27 21:56 | 日記

思い出しては出産日記その2

e0040041_21233889.jpg


ロカ岬 )



なんだか緊張してなかなか眠れず、やっと眠れたと思ったら
ナースコールにより起床した。
・・・・結構朝早いんだね。
たしか6時半。
ボケボケしたまま、分娩室に行き、いろんな処置をしてもらう。
注射打ったり。

6時55分
薬を一錠、部屋で飲む。
これでお産が始まるらしい。
というか、説明をちゃんとしてもらった気がするけど多分陣痛を起こす薬。
なんか薬飲んだり、点滴うったり、注射うったり、色々するので
説明に納得してもすぐに忘れます。

飲んで30分もたてば規則的なお腹の痛みがやってきてびっくり。
先週夜中に一度起きたお腹の激痛は陣痛のようなものだったと
そのとき知る。でもそのときは2時間くらいで収まっちゃった。
未だ余裕があるので朝ごはんを食べたり、陣痛の間隔をメモしたりしてみる。
間隔は3分くらい。

7時55分
もう一錠、薬を飲む。
しばらくするとお腹がかなり痛くなる。
でも未だ耐えられる痛さ。
でも時間をメモる余裕は無くなって、ただベッドに横たわって待つ。
しかし、この痛さじゃ、子供は産めぬだろうから・・と考えると
だんだん恐怖になってくる。

分娩室に呼ばれて、今度は破水をするということになった。
さっきまで余裕だったのにお腹が痛くて
聞かれてもいないのに
「私・・・痛いです・・。」とつぶやきながら台にあがって破水してもらう。
「次の為に、破水の感覚、覚えとくといいよ」と婦長さん。
それから、台を降りようとしたら激痛が。
そのままヘナヘナ床に倒れこんで背中をしばらくさすってもらった。

こんなに痛いなんてビックり。ものすごくびっくりだよ!

でもいったん部屋に帰るように言われてるので痛みが治まったとこで
部屋に帰る。・・・・・と部屋にたどり着くと同時にまた痛みがやってきて
ドアを開けると同時に床に倒れる。一歩も動けずしばらくして
這うようにしてベッドにたどり着いた。
・・・ギブアップしたい。と何度も思う。
途中でやめれませんか?と心の中で何回も聞いてみる、誰かに。。

ベッドの上で痛さに耐えること何分か。
分からない。汗がダラダラ流れるし、なんか頭をかきむしったり
壁をたたいたりしている自分がいます。(なんかこわいー。気が狂ったみたい)
ナースセンターにコールするも何故か出てくれず

「まだですよー」と言われた気分になりもう少し我慢して耐える。
でももうヤダ。
と思い、またコールして
「すごく痛いのですが、これって普通ですか?」と
聞いてみる。
するとあっさり
「じゃあ、降りてきてー」と言われた。
なんか我慢しないでもっと早くコールしてよかったかも。
損した気分である・・・。
by ten-kawaii | 2009-07-26 21:59 | 日記

思い出しては出産日記その1

e0040041_20251771.jpg


(こんな可愛いお母さんいなれたらいいねえ、無理だねえ。)



産まれる前ぶれが一週間続き、でも産まれず、診察に行った。
診察に行くといつも予想外のことが起きるけど今回もそうだった。
先生が内診して

「あーこりゃ入院だね」とつぶやいている。

助産師(?)さんとなにやら相談して
「夜中にバタバタするより、夕方入院しといた方が安心だから言っておるんだ!」と
少々大きな声が聞こえてびっくりした。
確かにこの一週間、夜、気が気でなくてストレスになっていたから
すごくうれしい。
私の気持ちを何故知っているのか不思議。
病院にいれば安心だ。

早速家に帰って、入院準備をして、多分、一ヶ月は入れないお風呂に入って
ご飯を食べて、お母さんにメールして、入院した。
説明をしてくれた助産師さんによると

「今日の夜、何も無ければ、明日の朝からお産を進めていきます。」

だそうで少々びっくり、自然に来るのを待つのかと思っていたのです。
でも朝の診察で既に3cm開いていたし
夕方はもっと開いてた。でも忘れた・・・どれくらいだったっけ?

その後なんかいっぱい注射を打ったりしてすごした。
注射嫌いだったけど慣れたね。

明日の朝から始まると思うと緊張する。
あんまり眠れない・・。なれない部屋だし、着るように言われた服は
なんか暑いから勝手に自分のパジャマに着替えてしまった。
明日赤ん坊が出てくるとはいまだに実感できず、ヘンな夢みたい。
by ten-kawaii | 2009-07-24 20:25 | 日記

Bonjour !!

e0040041_10193075.jpg



とうとう我が家に赤ちゃんがやってきた。
というかずっとお腹にいたけど、お腹にいるのとはやっぱり違う。

7月10日に誕生しました。
安産でした。
体重は2782g。

37週で産まれたのにけっこう大きくてびっくり。
私が栄養とってたからかしら。

毎日大きくなっていくのでびっくりする、赤ん坊の成長は早いなー。
by ten-kawaii | 2009-07-22 10:24 | 日記

もうすぐか。

e0040041_1314911.jpg


そういえば!とおもってあわてて写真に残すことにしました。)



先週の木曜日にに病院に行くと先生に、「次の診察まえにくるかも。」
といわれました。
くるって・・・なにが?と一瞬おもったけど産まれるってことか。
なんか緊張するなー。


でももうそれから4日目だけど未だ産まれていない。
案外ここからのんびりだったりして。
お腹の大きな写真をあわてて家で撮影してみた。
姉は私のお腹をみて偽物みたいと言っていた。
私もそう思うよ、ちょっと。

無事生まれるといいけど。
この間は
「あなた安産型だね!」と先生が言ってた。
よかったわー。
by ten-kawaii | 2009-07-06 13:07 | 日記