人気ブログランキング |

Je pense donc Je suisse

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

見つかった!

ずっと探していたひとがみつかったので
うれしいので皆様にもお知らせ。

カトリーヌ?

なんかハマりませんか?
私だけ?

有名なのかなー
by ten-kawaii | 2007-06-26 22:47 | 日記

子供っていいな。

e0040041_21583084.jpg


家にフェルトがいっぱいあって、どうにかしたかった時に
板状のマグネットを百円で買ってきて両面テープで貼り付けて
いろんな形に切り抜いて冷蔵庫に貼った。
便利。

大好きな甥二人がこの間遊びにきて、このマグネットで
遊んでいった。最初は一心が遊んでたのを
お兄ちゃんが奪うようにして遊んでいった。
帰った後に見たらいい感じだったのでそのままにしておいた。

しかも、なんか勿体無いので写真に残すことにした。
でも携帯でうまく撮れないよ。(カメラのせいにしてみました。)

借りたものだけど「やかまし村の子供たち」を愛読中。
とても面白い。
長靴下のピッピと同じ作者のもでさすがです。
子供っていいな、って思えるよ。
台詞が抜群に面白いし、みんな楽しそう。
大人のことも実は子供って良く見てるんだよなーって
思い出した。

自分がもう30歳になるとは信じられない。
幼稚園の頃と何も変わっていないのに


最近の世の中は誰でも気軽に海外とかにいける。
昔だったら例えば巴里なんてよほど金持ちか、優秀、または天才か
変な人じゃないといけ無かったはず。
でも今は私のように何も無いひとでもふらふらいけるんだ。

これっていいのか悪いのか良くわからないな。

mixiなんかで若い子が
「巴里にいきたいけどいろいろ分かりません!教えてください」とか
聞いてるのを見ると微妙な気持ちになるよ。
自分も結構簡単に人にきいたり、頼ったりするけど
何をしたいのかわかんないのに行ったら何か変わると思ってるみたいで
イタすぎるよ。
でもそういう考えは自分にも少しあるから自分もイタい。

どこにいても、多分人って変わらないよね。


ともかく私はいまは大好きな甥二人が
すくすく育ってくれることをいのるばかり。
素敵な子、大人になりますように。なーむー。
by ten-kawaii | 2007-06-26 22:14 | 日記

お菓子についての思い出


e0040041_21132148.jpg


今日は健さんがごはん要らない日。
うちは、結構要らない日があるんだけど・・・助かります。
でも作るのが嫌いってわけでもないけどね。

一人でテキトウに、冷蔵庫の整理の為のような
ご飯を作りたべてたら、小さい頃のことを思い出したりする。
今日はお菓子についていろいろ思い出したよ。

私の家(実家)は山に囲まれていて、近所にお菓子屋さんなど無いから
小さい頃からケーキを焼いたりしてた。
だから、そういえば、自分はケーキ屋さんになろうとしてたんだった。
小学生の時の作文に書いたはず。
その頃のブームは確かチーズケーキだった。
シュークリームも作るのが好きだったな。

一番最初に姉と作った時は途中でオーブンの蓋を開けてしまったために
膨らんでいたのがまたヘナヘナとぺちゃんこになって、ふたりで 
何故だろうか、と話したものです。

父さんは甘いものが好きだったから
夜にケーキつくっておくと、遅く帰ってきた父さんが試食したみたいで
朝には少し食べてあるのだ、そして数日後に
「あれ、美味いね」なんてコメントくれたもんだ。
あの頃はなんだか、作りたくて作っているとおもってたけど
父が食べてくれるってのを無意識に、意識してたんだな、意味不明・・・。

最近は全く作らず、むしろプロの腕前に感動する方が楽しくなってしまった
今日この頃であります。
やっぱ、プロの味って私好き。
例えばお母さんの味とかも大好きだけど
プロによる、プロ意識の高いものっていうのはたべると幸福になる。
誰か、の手作りって感じの味もまた、それはそれで幸福です。

久しぶりにケーキでもつくろうか、明日。
だけどまず、ハカリをかわなくちゃー。


母さんが、弟を妊娠してた時かな?たぶんそうだけど
なんかちょっとおかしくなったのか、真夜中に突然ケーキを焼いてた。
何回かそんなことがあったね、へんなの。
しかも自己流レシピの変なケーキ。
私未だ、4歳くらいだと思うけどあれ、面白かったな。
by ten-kawaii | 2007-06-15 21:30 | 日記

本物の味を知りたい。

e0040041_20222785.jpg

パリやフランスに関するいろんな本を読んだりしていたら
ケンタローさんも、私も無性に食べたくなってしまったものがあります。

「オニオングラタンスープ」!


姉にもらったクウネルのバックナンバー、Parisの特集にも載っていた。
そこに簡単な作り方が書いてあったので実践してみました。
その人はスープから作ると大変だから、ポトフを作ったときに
残りのスープでやるらしい。
それをそのまま真似してみることにした。

ポトフの作り方も適当で、本物は多分牛。
だけど私は安いという理由で豚のバラ肉でやったのでした。
まあ、いいでしょう・・・。

たまねぎを頑張って炒めてワインで煮詰め、
スープを入れてさらに煮る。
チーズはどういうのかわからなかったので
コンテをすりおろし、よくあるピザ用のとろけるチーズ、
さらによくある粉チーズをブレンドしてのせて焼いてみた。

見かけはイメージどおり、もう少し焦がしてもよかったかしら。


味は・・・とれぼん!

ワインが重要な役目を果たしてる。
ポトフ時代のスープは味にしまりが無かったけれど
美味くなっている・・・・・。


本物が食べたいです。
でも楽しいひと時でした。
すぐ目の前の、わりと簡単に達成できるものへ向かってなにかするのは
たのしいものです
by ten-kawaii | 2007-06-06 20:24 | 日記

なんかダメ主婦

e0040041_1673555.jpg

巴里にいけそうも無い今日この頃。仕方ないのでヌテラ。パンが無いのでホットケーキ。
でもこのヌテラは濠太剌利からきたみたい。


しっかりしてないのでよく失敗する。
物をよくなくすし、わすれるし、
買い物に行けば、絶対に買わなくちゃいけなかったものを
買わずにかえるそんな主婦。

考えてみれば忘れ物ばっかりしてたな、学生時代・・。
それを考えると一生治りそうもないこの性格にかなりうんざりだ。

家の事もなかなかキチンとできないので
旦那さんはきっと不満だろうね、でも精一杯だ昔よりはしっかりしてる、これでも。
部屋もきれいにしてるしさ、
今欲しいものは?ときかれたら私は「掃除機」って即答するよ。
コレ、奇跡ね。
死んだ父さんが聞いたらちょっと泣くかもしれないくらいのことですよ。

「めぐみ、いい子になったなー」てなかんじです。


巴里に住みたいが、外国にすむって大変なんだろーな、とおもいます。
調べれば調べるほど、大変そうな外国暮らし。
日本でも手続きしたり、電話したりするのが苦手なのに
できるわけ??と自分に問います、問いかけてみた。

出来ん・・・。
泣いて帰るかひきこもりになるかだね・・・自信があるよ。

日曜日などに家でじーっとしてる私に旦那さんは驚いたみたい。
活動的でないと嫌らしい。

わたし、じっとが基本です。

予定は出来る限り、入れたくないよ疲れるもんね。


誰かエネルギーをください。
by ten-kawaii | 2007-06-04 15:23 | 日記