Je pense donc Je suisse

不思議なおばさんに会った。






この間おにぎりを持って公園に行った。
公園と言っても山です。
うろうろしていると犬がいた。蕗夏が私の手を引いて
そろそろとそちらのほうに連れて行くので二人で近くでみていると
飼い主らしきおばさんが来た。
なんだかけっこう話好きの人だったので話した。
その人は不思議なおばさんでした。

健太郎さんはその人に結構ほめられ、「稼ぐよ」とか言われた。
でも手がかかるので奥さん大変だね。とかも言われていた。
黒系の服だダメ、(私が選びましたスンマセン)人当たりがキツいから。だそう。

人相(?)が見れるんだといってた。
私のは見てくれなかった。シミがあるね、帽子かぶったら?といった・・・。

蕗夏ちゃんは
「ちょっとロンパリだね、素直そうなきれいな子。でも負けん気が強い、
 ヤンキーにならないように書道でもやったら?」とか。



・・・ヤンキーにならないでほしいよ、蕗夏。


いいこともいろいろ言ってた。
公園で遊具で遊ぶのは幼稚園に入ってからでもできるんだから
山を歩かせて、足腰鍛えなさい。とか
お母さんも革靴だめ、スニーカーでリュックね。とか。


しかし不思議な発言も多数。

「わたし、不死身なの、なかなか死なん、事故って死なない。もう4回目」といって
頭の傷をみせてくれた。
「このあいだの地震は、私が止めた。」
「星野を楽天にやったの、わたし。」
など、いろいろ。他にもあったけど忘れた。


帰り道に「あのおばさん、そんなに嫌いじゃないけど変なこと言ってたね」と
健太郎さんにいうと、健太郎さんは
「神様だね」といってた。
普段そんな発言しないのでちょっとおどろいた。
「神様が時々ああやってあらわれてるかもよ」とかいって
わたしを「???」にさせた。
本気なのか・・冗談なのかね。


次の私はリュックサックにおにぎりを詰めてスニーカーを履いていた。
鞍ケ池公園にいくと少し歩いて、それからすぐ豪雨になった。
あわてて帰宅して家でおにぎりを食べた。
[PR]
by ten-kawaii | 2011-04-29 06:42 | 日記