Je pense donc Je suisse

思い出しては出産日記その2

e0040041_21233889.jpg


ロカ岬 )



なんだか緊張してなかなか眠れず、やっと眠れたと思ったら
ナースコールにより起床した。
・・・・結構朝早いんだね。
たしか6時半。
ボケボケしたまま、分娩室に行き、いろんな処置をしてもらう。
注射打ったり。

6時55分
薬を一錠、部屋で飲む。
これでお産が始まるらしい。
というか、説明をちゃんとしてもらった気がするけど多分陣痛を起こす薬。
なんか薬飲んだり、点滴うったり、注射うったり、色々するので
説明に納得してもすぐに忘れます。

飲んで30分もたてば規則的なお腹の痛みがやってきてびっくり。
先週夜中に一度起きたお腹の激痛は陣痛のようなものだったと
そのとき知る。でもそのときは2時間くらいで収まっちゃった。
未だ余裕があるので朝ごはんを食べたり、陣痛の間隔をメモしたりしてみる。
間隔は3分くらい。

7時55分
もう一錠、薬を飲む。
しばらくするとお腹がかなり痛くなる。
でも未だ耐えられる痛さ。
でも時間をメモる余裕は無くなって、ただベッドに横たわって待つ。
しかし、この痛さじゃ、子供は産めぬだろうから・・と考えると
だんだん恐怖になってくる。

分娩室に呼ばれて、今度は破水をするということになった。
さっきまで余裕だったのにお腹が痛くて
聞かれてもいないのに
「私・・・痛いです・・。」とつぶやきながら台にあがって破水してもらう。
「次の為に、破水の感覚、覚えとくといいよ」と婦長さん。
それから、台を降りようとしたら激痛が。
そのままヘナヘナ床に倒れこんで背中をしばらくさすってもらった。

こんなに痛いなんてビックり。ものすごくびっくりだよ!

でもいったん部屋に帰るように言われてるので痛みが治まったとこで
部屋に帰る。・・・・・と部屋にたどり着くと同時にまた痛みがやってきて
ドアを開けると同時に床に倒れる。一歩も動けずしばらくして
這うようにしてベッドにたどり着いた。
・・・ギブアップしたい。と何度も思う。
途中でやめれませんか?と心の中で何回も聞いてみる、誰かに。。

ベッドの上で痛さに耐えること何分か。
分からない。汗がダラダラ流れるし、なんか頭をかきむしったり
壁をたたいたりしている自分がいます。(なんかこわいー。気が狂ったみたい)
ナースセンターにコールするも何故か出てくれず

「まだですよー」と言われた気分になりもう少し我慢して耐える。
でももうヤダ。
と思い、またコールして
「すごく痛いのですが、これって普通ですか?」と
聞いてみる。
するとあっさり
「じゃあ、降りてきてー」と言われた。
なんか我慢しないでもっと早くコールしてよかったかも。
損した気分である・・・。
[PR]
by ten-kawaii | 2009-07-26 21:59 | 日記